2011年1月31日月曜日

支那そば きび@新!東京らーめんチャンピオン「極厚チャーシュースペシャル」

新!東京らーめんチャンピオン 3rd Season、龍の家の次に注文したのは、支那そば きびの「極厚チャーシュースペシャル」。チャーシュースペシャル!!今日2杯目なので、ハーフサイズで注文しました。ラーメンの紹介文はこんなのでした。
塩ダレの塩を炒るところから始める、繊細な味わいをもつこだわりの塩ラーメンに乗るのは、厳選したメキシカンポークを使ったジューシーなチャーシュー。その分厚く盛られたチャーシューと極上のスープが絶妙なハーモニーを生み出している。

おぉ~、ハーフサイズにもかかわらず、でっかいチャーシューが2枚ドーンとのってますよ。この時点で龍の家VSきびの勝負は決まったね。スープはひとくちすすって、「あれっ?」って違和感があったですよ。塩ラーメンだったんだね、とんこつスープに見えたよ。んで、塩にしては酸味があるのはトマトのせいかしら。あとちょっと辛いね、額にうっすらと汗がでたから。ジューシーなチャーシューと、酸味としょっぱさを感じるスープの組み合わせは、正直微妙な評価になっちゃいますが、550円でチャーシュー2枚ドーンなんで気にしないことにして、会場を後にしました。

龍の家@新!東京らーめんチャンピオン「九州地物づくし 炙り地鶏入りとんこつ」

2011年1月28日より新!東京らーめんチャンピオンの3rd Seasonが始まったので、さっそく行ってきました。3rd Seasonにエントリーしているのは、支那そば きび、せたが屋、龍の家、バリ男の4店。東京のラーメン界に君臨する超人気店だけあって、どれを選ぶか迷うね!(まぁ、全部食べることになると思うけど。)


選んだのは、龍の家の「九州地物づくし 炙り地鶏入りとんこつ」。トッピングが多いラーメンが好きだからね。ちなみに、ラーメンの紹介文はこんな内容でした。
白濁の豚骨スープは旨味がぎっしり詰まっているのにさらりとした口当たり。そこに長崎の焼きあごをベースに2種類の油を作り、風味と彩りを加えている。宮崎地鶏の炭焼き、有明のり、白髪ねぎ、博多ねぎ、さらに隠し味に大分のゆず胡椒と、まさに九州の香りが詰まった一杯。
今日は二杯食べるつもりなので、ハーフサイズで注文です。


んー、思ったよりも具材が多くないね。なにより、のりやねぎ、ゆず胡椒があまり味に変化を与えなかった気がする。宮崎地鶏の炭焼きは、超ちっちゃくて、しかもかたい。550円だとこんなもんですかね。レギュラーサイズだと印象は違うのかな?

2011年1月30日日曜日

つけ麺 御法度@池袋「22歳」

今日は、2011年1月29日にリニューアルしたばかりのつけ麺 御法度にやってきました。池袋にはよく立ち寄っていますが、西口にはほとんど足を踏み入れないので、このお店自体知りませんでしたよ。。


注文したのは「22歳」という名前のラーメン。店名に「つけ麺」とついていますが、いまのところ、この22歳しかないようです。


具材は薄くスライスされたチャーシューが2枚と豆もやし。豆もやしの上には豆板醤(?)のようなものがちょこんとのっています。スープは濃いめの醤油味ですが、かなり牛の風味がしました。お店のホームページによると牛すじを使っているようです。あとニンニクの味も結構します。わかりやすい味で、最後まで飽きずにいただくことができました。

2011年1月29日土曜日

麺屋 立葵@高田馬場「さっぱり豚骨魚介らーめん」

今日の夕食は高田馬場の麺屋 立葵。開店直後に一度訪問しているので、二度目の訪問になります。土曜日の20時頃でしたが、店主がひとりできりもりされていました。


今回は、店頭の案内で人気No.1として紹介されている「さっぱり豚骨魚介らーめん」を注文。また、定番(?)の「炙り焼豚寿司」と、夜のメニュー(土・日は昼も可)の「麺屋さんの生春巻」も注文してみました。

まずはらーめんより先に生春巻が提供されます。たまご系と肉系の二種類のようです。どちらも具がつまってて美味しいですね。


少し遅れてらーめんと炙り寿司の提供です。



とんこつスープとかつお・さばだしを合わせたというスープはさっぱりして癖のない味わいです。個人的には、前回食べた豚骨らーめんのほうが好みかも。濃い味に慣れちゃってるからね。。

炙り焼豚寿司は寿司飯ではないですが、直前に炙ったばかりのチャーシューが香ばしくて美味しいです。一つはそのままいただき、もう一つはスープにつけていただきました。

次回は、「特製胡麻担々麺」と「焼餃子」を食べにこようと思います。

2011年1月28日金曜日

田村屋@本郷三丁目「超激震麺」

今日の夕食は酒と肴と麺の店 田村屋です。18時過ぎに行きましたが、店内ほぼ満席でした。


お目当てのメニューは、限定第20弾の「超激震麺」。激しい辛さということで、一度は見送りを考えたものの、昨日、づゅる麺 池田の「赤い彗星」を完食できたことで、ちょっと自信がわいてきたので挑戦してみることにしました。


スープからはハバネロ?のいい香りが漂ってきます。なんとか大丈夫そうだな、とこのときは思いました。


しかし、スープをすすってみると自分の限界をはるかに超える辛さ。一口すするたびに水が必要になります。むせて咳き込み、吹き出る汗をぬぐいながらなんとか麺と具は食べきったものの、スープ完飲はあきらめました。食後もずーっと口のまわりがヒリヒリです。ちょっと自分には無謀だったな。。

2011年1月27日木曜日

づゅる麺 池田@目黒「赤い彗星」

今日のお昼はづゅる麺 池田へ。今回の限定メニューはカラシビ(辛くて痺れる)系とのことなんで見送ろうかと思いましたが、勇気を出して食べてみることにしました。


注文したのは「赤い彗星」。店頭の案内にはこんな内容でした。
四川料理の「麻辣麺」をづゅる麺流にアレンジしました。とても辛く、そして食べた後も舌がずっと痺れます!!トッピングに挽肉とトマトと唐辛子を乗せてみました。

出てきたラーメンは見事に真っ赤です。スープをすすってみたところ、咳き込んでむせるほどではなかったので、思ったよりもおいしくいただけました。ただやはり、しばらくすると頭皮から汗が噴き出てきますね。底にたまってしまった挽肉を食べるため、結局スープもほぼ飲み干してしまいました。

2011年1月26日水曜日

麺や庄の@市ヶ谷「黒トリュフのチャウダーつけ麺」

今日のお昼は、市ヶ谷の麺や庄の。創作メニューが月替わりで提供されるので、毎月のように通っています。


注文したのは、今月の創作「黒トリュフのチャウダーつけ麺」。


出てきた料理をみると、店頭の写真とはちょっと具材の配置が異なっていますね。貝は麺の上に乗り、にんじんとブロッコリーはスープの中に入っていました。


スープがクラムチャウダー風の味付けです。庄のにしては、めずらしくしょっぱさが控えめに感じました。個人的にはこのくらいが好みです。スープは若干、麺との絡みが弱かったので、レンゲですすりながら食べすすめました。分厚いチャーシューはとろけるような美味さです。

麺を食べ終わったら、100円追加して、残ったスープをチーズリゾット風にしてもらいます。冷めたスープをもう一度火にかけてくれるので、熱々になって出てきます。寒い冬はとくにありがたいですね。


(...そういえば、黒トリュフについては、よく分からなかったなぁ。。)

2011年1月25日火曜日

麺処 美空@神保町「生姜らーめん」

2011年1月18日にオープンしたばかりの麺処 美空に行ってきました。北かまのすぐ近くですね。20時過ぎに入店したときにはお客さんは誰もいなかったけど、その後どかどかと入ってきて8割程度席が埋まってしまいました。店名から、店主はそれなりの年齢の方と想像していましたが、かなり若い方だったのでちょっと驚きです。


注文したのは生姜らーめん。メニューは基本のらーめん1種類で、あとはトッピングの違いだけのようです。


はじめは生姜の山を崩さないように、スープを味わいます。意外と油っぽさがある醤油スープで、かなり好みの味でした。生姜を溶かしてしまうと、さすがに生姜に味が支配されてしまいます。次回食べるなら、生姜はなくてもいいかも。(別皿でもうすこし少量にして提供してもらえるとありがたい。)

秋葉らーめん 松風@秋葉原「和えつけ麺」

今日のお昼は秋葉らーめん 松風。お正月にもらった「1周年特別サービス券」(らーめん1杯500円)を使うのが目的です。


注文したのは、1月の限定メニュー「和えつけ麺」。通常800円のところ、サービス券をつかい500円でいただきました。


麺にはオリーブオイル使用の香味油と醤油タレ(店長のブログより)が和えてあり、そのままでも美味しく食べられます。トマトスープはちょっとしょっぱさが目立つ感じですね。最後は、麺の器に残った野菜(コーンなど)をスープに投入して完食しました。

2011年1月24日月曜日

東池袋大勝軒@新!東京らーめんチャンピオン「中華そば」

新!東京らーめんチャンピオン セカンドシーズン最後の一杯は、東池袋大勝軒の「中華そば」です。こちらもハーフサイズで注文しました。


新作ラーメンの祭典に、えらくオーソドックスなメニューを出してきましたね。昔懐かしラーメンそのものでした。

中華そば専門 田中そば店@新!東京らーめんチャンピオン「塩中華そば」

新宿住友ビル49階で開催中の新!東京らーめんチャンピオン セカンドシーズンも残り期間がわずかになってきたので、未食二店分のラーメンを食べにやってきました。


まずは、中華そば専門 田中そば店の「塩中華そば」から。今日は二杯食べるのでハーフサイズにしておきました。


あっさり系の塩ラーメンです。ちょっと太めの平打ち麺はコシがあってうまいですね。味がしみこんだ豚バラ肉のチャーシューもやわらかくてナイスでした。

2011年1月22日土曜日

焼麺 劔(つるぎ)@高田馬場「焼麺」

2011年1月21日にオープンしたばかりの焼麺 劔(つるぎ)に行ってきました。大通りからはかなり外れた場所にあります。


注文したのは基本メニューの「焼麺」。始めにすり鉢に入ったかつお節が出てきます。料理が出てくる間に、すりこぎをグリグリ回して、かつお節を粉状にしてください、とのことでした。接客も丁寧です。



カウンターに掲載されている「食の心得」通りに食べ進めました。スープは臭みのないさらりとした豚骨スープです。鉄板で焼かれた麺からは香ばしい香りがほんのりとしますね。ところどころ、カリッとした歯応えがあるのも面白かったです。この麺でつけ麺や和え麺も食べてみたいな~、と感じた一杯でした。

2011年1月21日金曜日

九段 斑鳩@九段下「汁無し平打ち担々麺」

お昼ごはんを食べに九段 斑鳩にやってきました。11:00の開店直後に訪れたので行列はありませんでした。


お目当てのメニューは期間限定の「汁無し平打ち担々麺」。食券を渡す際に、生卵と大盛りのどちらにするか聞かれましたので、生卵を選びました。



麺が290gもあるんですがラー油がおとなしめの味なんで、後半ちょっと箸の進みが遅くなってしまいました。生卵をすき焼き風にして使っても、麺にそれほどタレが絡んでいないので、あまり面白い変化は感じないかな。。

2011年1月20日木曜日

函館麺厨房あじさい@東武百貨店 池袋店「あじさいつけ麺」

東武百貨店 池袋店で開催中の「食の大北海道展」に、函館麺厨房あじさいが出店していると知り、さっそく行ってきました。(あじさいの出店期間は1月20日から25日までです。)


注文したのは「あじさいつけ麺」。あじさいのホームページを見てもこのメニューは載っていなかったので、「食の大北海道展」の限定メニューかもしれません。1,155円もするので期待が膨らみます。


つけダレは濃厚な豚骨魚介のようですが、ちょっと変わった味がします。おそらくポスターにも書いてるバターの風味なんでしょうね。しょっぱめですがなかなか美味しいです。

平打ちの麺は、パスタの麺らしくボソッとした食感です。これはこれで面白いんですが、今回のスープにはモチッとした極太麺のほうが合うんじゃないかと思いました。

ガーリックトーストをつけダレに浸していただいたあとは、スープ割りをして完食です。いろいろと工夫が凝らしてあり、楽しい一杯でした。

俺の麺 春道@新宿「つけめん」

1月19日の昼過ぎに、俺の麺 春道に行ってきました。今年に入ってすぐ、はす向かいの場所に移転したようです。


このお店は、昼と夜でスープが異なるのが特徴。昼の部は「豚骨×鶏×魚介」、夜の部は「豚骨×鶏×煮干し」となっています。今日は「つけめん」を"あつもり"で注文しました。


濃厚なスープに極太麺の組み合わせです。麺はあつもりにしたせいか、もちゃっとした感じ。冷たいままにしたほうがよかったかもしれません。低温調理で熱処理がされたチャーシューは美味いですね。

2011年1月18日火曜日

らぁ麺 波(シー) 神田錦町店@淡路町「塩らぁ麺」

今日の夕食はらぁ麺 波(シー) 神田錦町店です。2010年12月27日にオープンしたばかりの新店です。本店は北綾瀬にあるようですね。


18時頃に入店しましたが、お客さんは私ひとり。店内が広いもんだから、ちょっと寂しいなぁ。。注文は券売機のいちばん上に掲載されていた「塩らぁ麺」にしました。


スープはなんとなく、トウモロコシの粉末でも入っていそうな味がします。麺が太麺なんで、もう少し濃厚にしてもいいんじゃないかしら。チャーシューは分厚いにもかかわらず、とろけるような柔らかさで美味しかったです。

2011年1月17日月曜日

鶏の穴@池袋「うまからトマト」

日曜日の夕方頃、池袋に出かけたついでに鶏の穴を覗いてみたら、今月の限定をやっていたので食べてきました。昨年秋のトマトつけめんが美味しかったので期待も膨らみます。


ここの鶏白湯スープはトマトソースと相性がいいようで、今回もバッチリ美味い。辛さを加えるためにラー油を使っているようですが、それほど辛くは感じませんでした。

2011年1月15日土曜日

るどるふ@湯島「特製カレーらーめん」

今日のお昼は、ここ1~2年でラーメン店密集地帯になった湯島の「るどるふ」にやってきました。ちょうど私で満席でした。通りの向かいの大喜は、15名ほどの行列ができていたようです。


お目当てのメニューは「特製カレーらーめん」。昨晩に続き、カレー系です。



キャベツの千切りで山盛りのように見えますが、量はそれほどでもないです。麺はごわごわの極太縮れ麺。カレー系のスープには、もうちょっと柔らかな麺が合いそうな気がしますが、カレーうどんを思い浮かべるからでしょうかね。スープからはちょっと酸味?のようなものを感じますが、そこそこ美味しくいただけました。具材のキクラゲとほうれん草がカレーに合わないかな、と思いましたが。

2011年1月14日金曜日

丸直@北品川「ミルキー族の華麗なるラーメン」

今日は品川女子学院の真横にある丸直に行ってきました。京急の北品川駅のすぐ近くなんだけど、夜になると人通りもほとんどなく非常に寂しい場所になっちゃうんだよね。


お目当ては、今日までの限定メニュー「ミルキー族の華麗なるラーメン」。ギリギリで間に合った~。



極太麺を使用しているため、提供されるまで10分程度かかったかな。スープには牛乳が混ぜ合わせてあるためか、それほどスパイシーな感じではありませんが、マイルドで美味しい~。定番の具材のほかに、バターやお餅が盛りつけてあります。これだけでも充分楽しめるんですが、さらに小皿が6つ(!)もついてきます。


貧乏性な性格のため、こういうのはすべて使い切らないと気が済まないので、投入する順番に注意しながら入れていきます。今回のスープは味がマイルドでそれほどカレー味が引き立ってはいなかったので、小皿による味の変化がいつもより楽しめたかな。

2011年1月13日木曜日

らーめん バリ男 神田小川町店@淡路町「バリ娘ちゃん」

今日の夕食は、どぎゃん跡地に2011年1月11日にオープンした二郎インスパイア系の新店です。前のお店よりも店内の照明が明るくなり、店員さんたちも活気がありますね。醤油ダレ?のいい香りが充満しています。


注文したのは「バリ娘ちゃん」というメニュー。通常のラーメンが麺量300gであるのに対し、こちらは200g。その代わりに味玉がトッピングされます。二郎系では量が多すぎて苦労しているので、こういうメニューはありがたいです。


分厚いチャーシューが3切れのっていますが、非常にやわらくておいしいです。(ちょっと冷たすぎな気もしますが。)途中で卓上のニンニクを加えて味を変えつつ、最後までおいしくいただけました。

2011年1月12日水曜日

中華蕎麦 とみ田@西武池袋本店7階催事場「つけそば」

西武池袋本店の7階催事場で行われている「第6回≪全国有名≫寿司・弁当とうまいもの会」に松戸のとみ田が出店していると聞いてやってきました。
松戸のお店は連日行列が凄いらしいですが、こちらは平日の16時頃だったためか行列なしで席に着くことができました。


注文したのは「つけそば」。
きれいに盛られた極太麺は、固すぎず柔わらかすぎず絶妙な歯応えです。スープとの絡みもよく、あっという間に食べ終えてしまいました。最後はスープ割りしてスープまで完飲です。