2011年2月28日月曜日

白河ラーメン とら食堂@東急東横店(第23回 福島物産展)「手打ち中華そば ワンタン入り」

東急東横店で開催中の「第23回 福島物産展」に白河ラーメンで有名な「とら食堂」が出店中と聞いてやってきました。悪天候ですが、物産展はすごい賑わいでしたよ。

注文したのは「手打ち中華そば ワンタン入り」。見た目は昔ながらの中華そばそのものです。


すべての工程を手作業で行うという手打ち麺は、しこしことした噛み応えで、縮れた麺の食感も面白いですね。スープは鶏ガラ、豚ガラベースの醤油味。化学調味料を使っていないせいで過剰な旨味はないけれど、ほどよい油加減のおかげで美味しいです。

チャーシューは薄くて脂身がすくないので若干ぱさついた感じですが、噛むとしっかり醤油の旨味がでてきました。ワンタンは皮の部分も多めで、具もジューシー。

地味な見た目とはうらはらに、箸とレンゲが止まらない美味さでしたよ。

2011年2月27日日曜日

麺塾 二の丸@高田馬場「特製エゾ鹿ラーメン」

高田馬場の「麺塾 二の丸」に行ってきました。1階の「麺塾 本丸」が居酒屋、2階の「麺塾 二の丸」がラーメン店になっています。


注文したのは冬季限定の「特製エゾ鹿ラーメン」。鹿肉って初めて食べるかも。ちなみに「特製」じゃない「エゾ鹿ラーメン」ってのはありませんでした。


赤みを帯びたスープに具材がたっぷり、こういうのはうれしいね。まあ、980円だからこんなもんでしょうか。

ホームページによると、エゾ鹿のスネ肉、骨付きバラ肉、スジ肉と香味野菜を煮込んで作ったスープのようです。ただね、甘すぎるんだよスープが。ここまで甘いと素材の美味さがでてこないんじゃないからしら。

具材は豆腐、もやし、唐辛子、ネギ、キクラゲなど。肉は(たぶん)鹿肉の燻製です。これもちょっと甘すぎる感じがしますが、量もあって美味しかったです。

トータルでは満足できるレベルではありますが、スープが甘すぎるのがもったいないな~、という感想です。

らぁ麺 燕返し@東池袋「みそつけめん」

「らぁ麺 燕返し」に行ってきました。場所は東池袋2丁目で、駅から8~10分くらい歩くかな。JR池袋駅、東京メトロ東池袋駅のどちらから行っても同じくらいの距離だと思います。近くには「七人の侍」がありますね。


注文したのは冬季限定の「みそらーめん」。2月末日までの提供のようです。初めてのお店だけど、限定メニューがあるとどうしてもそっち選んじゃうね。


麺の量は並盛、大盛、特盛から、またスープの辛さは甘辛、中辛、大辛から選べるので、並盛の中辛でお願いしました。


スープは背脂たっぷりで濃厚なスープ。辛さはラー油の量で調整しているのかな?麺は太麺、その上に野菜炒めがどっさり。並盛でもそれなりのボリュームがありますね。際だった個性はないけど、無難に美味しくまとまっています。食べている最中は辛さを感じませんでしたが、食後口のまわりがヒリヒリしました。

2011年2月26日土曜日

謎麺@高田馬場「謎麺」

高田馬場の「太麺堂」跡地に突如現れた「謎麺」に行ってきました。オープンは2011年1月17日。お店の外観はチープ感たっぷりですw


入店したら券売機で食券を購入するのですが、この場所まで暗いため、小銭を探したり、おつりを取ったりすることまで苦労します。
注文したのは「謎麺」。メニューはこれしかありません。


店内に入ると本当に真っ暗。わずかにロウソクの明かりがともっているのみです。土曜日の18時過ぎに入店しましたが、店内は自分を含めて二人のみ。なんとも寂しいふいんき(←なぜか変換できない)です。


いつものようにラーメンの写真を撮ろうとしましたが、自分のカメラ(iPhone 3GS)にはフラッシュ機能がついていないため、上のように何も分からない画像になってしまいました(>_<)

スープは豚骨ベースで、臭みはあまり感じません。具材はモツ、豚なんこつ、スライスされたタマネギ、水餃子、三つ葉だったかな。あと土手味噌がちょこんとついてます。途中で味噌をスープに溶かして味を変化させるわけですね。

無難にまとめてありますが、やはりこのラーメンを暗闇で食べることに面白さを感じないですね。話しのネタとして一度訪問したら、それっきりってお客さんがほとんどじゃないかしら。

肉そば総本山神保町けいすけ@神保町「肉そば極み(醤油)」

2011年2月17日にオープンしたばかりの「肉そば総本山神保町けいすけ」に行ってきました。土曜日の11時過ぎでしたが、9割くらいの入りです。店内には店員さんが10人ほどいて、すごい活気がありますね。


注文したのは「肉そば極み(醤油)」。「極み」は、通常の肉そばよりトッピング増量、豚トロ肉がついているとのことでした。


黒ずんだ色なので濃いめの醤油味のように見えるけど、ずいぶん淡泊(?)な味。住吉の「NEW OLD STYLE 肉そばけいすけ」と同じようなスープかと思ってると肩すかしくらうかも。豚トロ肉や薄くスライスされたチャーシューも味のインパクトは控えめ。ちょっと期待しすぎたかも。

卓上トッピングとして刻みネギやカレーパウダー、辣油がありましたが、今回は初訪なので使わないでおきました。次回、味噌味を頼んだときにいろいろ遊んでみようと思います。

2011年2月25日金曜日

麺処 MAZERU@秋葉原「まぜそば(塩)」

秋葉原に2011年2月21日オープンしたばかりの「麺処 MAZERU」に行ってきました。とても飲食店があるとは思えないビルの1階にあります。ビル入り口の黄色い案内がなければ、ぜったい見つけられないと思う。

ビルの入り口(黄色い案内が目印)
お店の入り口
注文したのは「まぜそば(塩)」。注文時にトッピングを何にするか聞かれるので、ニンニクとチーズにしておきました。なお、ヤサイとアブラはデフォルトである程度入っていて、ニンニクとチーズは入っていないようです。


10分ほどして提供されました。もうちょっと彩りが欲しいですね。


まぜそばとしては無難にまとまってるんじゃないでしょうか。自分には若干塩ダレが薄いと感じました。まあ、このほうが食後のどが渇かなくていいんですけどね。

今後トッピングに遊び要素が加わってくると面白くなりそうな感じがします。接客もいいし、すでに人気店になってるのかな?

2011年2月24日木曜日

麺や庄の@市ヶ谷「チョコBLACK」

市ヶ谷にある「麺や庄の」に行ってきました。2月の「今月の創作」メニューをまだ食べてなかったからね。


注文したのは今月の創作「チョコBLACK」。今年もバレンタインデーにちなんでチョコレートをあしらったメニューのようです。


黒味噌spiceスープと中太麺の組み合わせ。この店にしては太い麺ですよ。店の入り口に製麺機があるから、おそらく自家製麺なんでしょう。麺の上にはチョコレートとチーズがあしらってあります。


真っ黒なスープは見た目ほど奇をてらった味ではないね。若干しょっぱめ。途中から麺にチョコレートとチーズを絡めてスープにつけて食べるわけだけど、思ったほどチョコレートと味噌スープがいい具合に融合しなかったかな、ってのが正直な感想です。あと、分厚い炙りチャーシューはジューシーで美味いね。これ、基本メニューにものってるのかしら?

麺を食べ終えたら、スープにごはんを投入してスパイスカレーごはんとしていただきました。再度スープを温め直してくれるので熱々。来月の限定も楽しみです。

2011年2月23日水曜日

麺屋 神のしずく@新宿「ブラックカレーのつけ麺」

2011年1月21日にオープンしたばかりの「麺屋 神のしずく」に行ってきました。場所は歌舞伎町、新宿ミラノボールのすぐそばにあります。ラーメン屋らしからぬ仰々しい(?)店構えでちょっと驚き。

入り口には大きな看板
店頭ディスプレイ
注文したのは「ブラックカレーのつけ麺」。初めての訪問なので基本メニューにすべきだったかもしれませんが、どうしてもブラックカレーの誘惑に勝てなかった。。麺の量は並盛(200g)、大盛(300g)から選べますが、いつものように並盛で。

フロアの担当者からお手ふきを渡されたあと、自家製の浅漬けが出てきました。これをつまみながら、つけ麺ができるのを待ちます。

自家製の浅漬け
でてきたのがこちら。お品書きの写真ではスープの器に野菜がごろごろ入っているのが見える感じでしたが、実際はそうでもないね。

ブラックカレーのつけ麺
ブラックカレーのつけ汁はなかなかスパイシー。かなりどろどろしてるので麺との絡みもいいですね。具材にはチャーシュー、ニンジン、タマネギ、あと挽肉も入ってます。麺は角張った中太麺。かために茹でられてた感じかな。

麺を食べ終わったときには、つけ汁がほとんど残ってなかったので、残念ながらスープ割りはしませんでした。

このお店、営業時間が11:00~翌9:00までだしメニューも豊富なので、新宿でラーメン食べるのに迷ったら、いい候補になるんじゃないかしら。

2011年2月22日火曜日

丸直@北品川「直次朗タンメン直本(醤油味)」

北品川の丸直に行ってきました。最近は2~3週間ごとに限定メニューを提供してるので訪問回数が増えますね。


今日のお目当ては限定第7弾「直次朗タンメン直本(醤油味)」。辛さは「やや辛」、「普通(辛口)」、「大辛」の3段階から選べるので、いちばん辛くない「やや辛」にしておきました。この1ヶ月で自分が辛さに弱いことをイヤというほど味わったからね。


今回はタイミングがよく自分の前にこのメニューを頼んでいる人がいなかったけど、それでも12~3分は待ったかしら。運が悪いと、20分くらいは待つことになりそう。

んで、でてきたのがこちら。


相変わらずボリュームがすごいね。スープはラー油で辛口に仕上げてあるのかな。その上に麻婆豆腐と炒め野菜がたっぷり盛りつけてあります。「やや辛」にしたおかげで自分にはちょうどよい辛さでした。スープ、麻婆豆腐ともにおもったほどドロリとはしておらず、見た目ほどおなかにずっしりはきません。

ある程度食べ進んだら、恒例の小皿投入です。山椒、魚粉、ラー油、ニンニク、生姜の小皿を順次投入して味の変化を楽しみます。今回はもともと辛いメニューなんで唐辛子の投入はパスしました。


今回も味、ボリュームとも満足のいく一杯でした。次回(2月28日~3月18日)は「ミルキー族の華麗なるラーメン」の再登場の予定だそうです。

2011年2月21日月曜日

銀波露@伊勢丹 新宿店(春の大北海道展)「ぱいくぅ麺(みそ)」

伊勢丹 新宿店で開催されている「春の大北海道展」も今日が最終日。先日、ぱいくぅ麺のしょうゆ味を食べたばかりだけど、せっかくなんでみそ味も食べておこうと思いやってきました。

伊勢丹 新宿店の外観
6階催事場 イートインコーナー
注文したのは「ぱいくぅ麺(みそ)」。


白味噌を使ってるんでしょうか、けっこう白い色してますね。しょうゆ味のときのような独特の臭みはほとんどありません。豚バラ揚げが濃いめの味付けがされているので、バランスとしてはみそ味のほうがいい気がします。今回も美味しくいただきました。また出店してほしいですね。

俺流塩らーめん 神楽坂店@飯田橋「真冬味つけめん」

「俺流塩らーめん 神楽坂店」に行ってきました。オープン直後に一度訪問しているので、今回が2回目です。日曜深夜の神楽坂なんて人通りはほとんどないのに、がんばって営業してますね~。


注文したのは冬の限定第3弾「真冬味つけめん」。麺の量は小盛、中盛、大盛から選べるとのことだったので、無難に中盛にしておきました。


また、あわせて「俺流餃子」も頼みました。これはニンニク、ニラ入りですが、ニンニク、ニラなしの「私流餃子」っていうのもあるようです。

真冬味つけめん
俺流餃子(ニンニク、ニラ入り)
大きめの器に入った麺とスープがでてきました。つけ麺のスープにしては薄めでしょうか。つけ麺用に濃いめにしてる感じはありません。

麺は平打ち麺。麺と野菜をいっしょにスープに浸すことになるので、スープとの絡みはいいんじゃないでしょうか。

ちょっと残念だったのが角煮。店頭の写真ではもっとボリューム感があるかと思いましたが、実際はちっこいのがちょろっと。。

まあ、量も多かったし、野菜もたっぷりとれるのでそこそこ満足できましたよ。

2011年2月19日土曜日

ラーメン大至@御茶ノ水「辛味噌ラーメン」

今日のお昼は御茶ノ水のラーメン大至。今月初め、らーナビ限定を食べにきたときに気になるメニューがあったからね。


注文したのは「辛味噌ラーメン」、おそらく冬季限定メニュー。麺を少なめにしてもらって、ミニサラダをサービスしてもらいました。

辛味噌ラーメン
ミニサラダ
麺の上に乗っているのは生唐辛子を練り込んだバター。味噌ラーメンとしては至って普通だけど、このバターのおかげで辛さとコクがグッと増していい感じに。極太縮れ麺、野菜も豊富で満足できる一杯でした。

2011年2月18日金曜日

池麺 KING KONG@池袋「つけ麺アラビアータ」(らーナビ限定)

池麺 KING KONGでらーナビ限定メニューが始まったようなのでさっそく行ってきましたよ。


お目当ては「つけ麺アラビアータ」。辛さは「中辛」と「激辛」の2段階から選べますが、辛いのが苦手な自分はもちろん「中辛」に。


麺が太いせいもあってか、かなり待たされます。
んで、でてきたのがこちら。〆のミニライスもついてきます。なかなか期待できそうなビジュアルだったんですが。。。


スープは唐辛子を効かせたトマトソース。辛い、辛すぎる…。口の中がヒリヒリしてきます。トロフルの甘みなんて吹っ飛んじゃうよ、これじゃあ。鶏モモ肉とスープの相性はよかったりするんだけどね。

辛いもんだから食べるスピードも遅くなり、それにともないスープも冷めちゃって最後はきつかったです。冷め切ったライスに冷め切ったスープをかけてもぜんぜん美味しくないし。

ジャスミン茶だけでおなかいっぱいになっちゃったよ。残念。

2011年2月17日木曜日

田村屋@本郷三丁目「爆菜!味噌豚タンメン」

今日のお昼は本郷三丁目の「酒と肴と麺の店 田村屋」に行ってきました。お店のホームページに限定メニューの終了予告がでてたからね。


お目当ては限定第21弾の「爆菜!味噌豚タンメン」。辛さありで注文しました。定常メニューの味噌タンメンに、豚のから揚げをまるまる1枚と野菜を追加した内容のようです。


でてきたのがこちら。豚のから揚げは、ころもにカレーの風味がつけてあるよ。これがピリ辛のスープとの相性がよくて美味い!


肉だけじゃなくて野菜も豊富にとれてうれしいね。味、ボリュームともたいへん満足のいく一杯でした。

2011年2月16日水曜日

銀波露@伊勢丹 新宿店(春の大北海道展)「ぱいくぅ麺(しょうゆ)」

伊勢丹 新宿店で本日から開催している「春の大北海道展」に行ってきました。お目当てはイートインに出店している銀波露というラーメン店。今回が初出店のようです。初日ということもあってか、16:30という中途半端な時間でも8割ほど席は埋まっていました。


注文したのは「ぱいくぅ麺(しょうゆ)」と「ねぎまよチャーシューおにぎり」。

ぱいくぅ麺(しょうゆ)
ねぎまよチャーシューおにぎり

ぱいくぅ麺のスープは独特の焦げた臭い(?)がありますね、蜂屋@飯田橋ほどではないですが。癖になりそうな感じがします。麺は黄色がかったちぢれ麺。悪くはないと思いますが、あまり印象には残らないかな。

豚バラ揚げはでっかいのが3枚。甘めの味付けがされており美味しいのですが、なかなか噛み切れず食べるのにちょっと苦労しました。

ねぎまよチャーシューおにぎりは、3時間スチームした焼豚とマヨネーズの組み合わせですが、まあ想像通りの味ですね。

今回の銀波露、満足度は高かったです、ボリュームもあるしね。メインの客層となるご婦人方には、ちょっとくどくてきついんじゃないかとも思いますが。

2011年2月15日火曜日

麺処くるり 高田馬場店@高田馬場「辛味噌らぁめん」

今日は、2011年1月27日にオープンしたばかりの麺処くるり 高田馬場店に行ってきました。市ヶ谷店には数回行ったことがありますが、最近はごぶさたしております。


注文したのは「辛味噌らぁめん」。ノーマルの「みそらぁめん」と韓国産唐辛子ベースのニンニクが効いた「辛味噌らぁめん」の二つの味が楽しめる、ってのがいいね。

あと、麺を少なめにして味玉半分をサービスしてもらいました。小食派にはこういうサービスはありがたいです。


出てきたのがこちら。なるほど、辛味噌はこんな感じで玉状に固められてるのね。まずはノーマルの「みそらぁめん」としていただきます。

スープは、自分が知ってる「くるり」のスープとは違うなぁ。市ヶ谷店で食べたときは、もっとどろりとした粘度があったような。


辛味噌を溶かしていくとスープはこんな感じに。けっこう辛いよ。じわじわ~っと汗が噴き出てきちゃった。

ん-、自分のなかの「くるり」のイメージとだいぶ違ってたんで微妙だな。近々、市ヶ谷店にも行ってみるかな。

2011年2月13日日曜日

我羅奢GARASHA@高田馬場「馬場麺(カレー味)」

今日の夕食は悩んだ末、高田馬場の「我羅奢GARASHA」に決定。3連休最終日の20:30頃にうかがいましたが、5~6割程度の入りでした。


注文したのは「馬場麺(カレー味)」。2011年2月11~13日限定ってのが決め手です。麺の量は並盛り、中盛り、大盛りから選べますが、今日は並盛りにしておきました。


でてきたのがこちら。まぁ、馬場麺だからしょうがないよね、見た目がアレなのは。ちなみに馬場麺ってメニューは、高田馬場ラーメン組合に加盟している各店舗で提供しているんだけど、「汁なし麺であること」「麺と具が逆であること」「店の個性が出ていること」という三ヶ条が定められてるんだよね。


んで、麺をひっくり返すと下にはこのようにタレや具材が入っています。


カレー味のタレは、辛さ控えめの甘口タイプ。麺になじませやすくするためかとろみも控えめですね。途中でマッシュポテトも混ぜ合わせるのでちょうどいいのかも。

麺は太くてモチモチっとしたタイプ。この麺はやわらかめにゆでたほうがいいだろうね。熱々の状態ででてくるので、スープがなくても最後まで冷めることはありませんでした。