2011年4月30日土曜日

麺処 ほん田@西武池袋本店(全国味の逸品会)「濃厚豚骨魚介味玉つけ麺」

西武池袋本店で開催中の『全国味の逸品会』に行ってきました。お目当ては、イベント後半から出店している東十条の「麺処 ほん田」です。


土曜日でも夜19時頃だと比較的空いていますね。待ちは4名だけでした。注文したのは 「濃厚豚骨魚介味玉つけ麺」。


モチモチの極太麺と濃厚なつけ汁の組み合わせ。奇をてらったところはなくオーソドックスな豚骨魚介ですね。柚子がちょっと多めかな。


おいしくいただけましたが、東京近辺のお店が催事場で出店するときは、イベント限定の一工夫が何かほしいかな。

2011年4月29日金曜日

らーめん初代@東武百貨店 池袋店(初夏の大北海道展)「白たまり醤油らーめん」

東武百貨店 池袋店で開催中の『初夏の大北海道展』に行ってきました。4月28日から出店する小樽の「らーめん初代」がお目当てです。ピーク時をずらして16時過ぎに行ったんですが、祝日とだけあって5~6名ほどの待ちができていました。


注文したのは「白たまり醤油らーめん」。「店主のまかない飯」も頼みたかったのですが、すでに売り切れていました。


澄んだスープならがけっこう油も使われているせいか、なかなか濃厚な味わいです。何かの風味を強く感じたんですが、思い出せませんでした。。ちょっとモヤモヤ。


チャーシューは角煮風ですがやわらかく味付けも好みです。ちょっと肉が小さいのが残念。具材がシンプルにもかかわらず935円は高めに感じますが、なかなか美味しい一杯でした。

2011年4月28日木曜日

鶏の穴@池袋「鶏三味」

池袋の「鶏の穴」に行ってきました。月替わりで提供される限定メニューが楽しみなお店です。前年の使い回し的なメニューもちらほらありますが、やっぱり毎月通ってしまいますね。


注文したのは4月限定の「鶏三味」。鶏のチャーシュー、鶏モモ肉、鶏ダンゴをトッピングした鶏づくしの一杯です。味玉はサービスで付いてきました。


スープは若干あぶら多めな醤油味。限定メニューといえども、定常メニューの鶏白湯スープがベースになることが多いので意外です。細切りの生姜の風味が合わさってなかなか美味しく仕上がっています。


鶏ダンゴはけっこう大きめでボリュームがあります。鶏以外の具材は海苔、ごま油で炒めたほうれん草。具材豊富なラーメンが好きな私としては、満足のいく一杯でした。

2011年4月27日水曜日

若葉@小田急百貨店 新宿店(築地の粋な味めぐり)「中華そば」

小田急百貨店 新宿店で開催中の『築地の粋な味めぐり』に行ってきました。お目当ては、築地で50年の歴史を持つというラーメン店「若葉」。


注文したのは「中華そば」(700円)。細麺のため茹であがりが早いせいか、5分もかからず提供されました。


スープはさっぱり系の醤油味。細麺はボソッとした粉っぽさ(?)を感じます。3枚入っているチャーシューはしょっぱめの味付け。チャーシュー麺にしなくて正解でした。


500円ならありかもしれないけど700円はないわー、というのが正直なところ。50年という歴史を感じさせる何かがあればよかったんですが。

2011年4月26日火曜日

つけ麺 山橙(みかん)@大塚「つけ麺」

2011年4月5日にオープンしたばかりの「つけ麺 山橙(みかん)」に行ってきました。JR大塚駅から徒歩5分もかからない場所にあります。


注文したのは「つけ麺」の並盛り。麺の量は(ゆであがりで)340gです。大盛りだと同料金で量は510gになります。味替えアイテムとして「ジンジャーソース」と「トマトカレーソース」がそれぞれ100円で提供されていますが、すでにトマトのほうは売り切れだったため、ジンジャーソースを注文しました。



スープは濃厚な魚介豚骨味ですが、濃度、塩分、酸味がバランスよくまとまっています。スープの中には、角切りのベーコンやワンタン餃子が入っていました。麺は角ばった太麺。生姜焼き(?)風に味付けされて豚バラ肉が添えられています。「特製」でなくても具材が豊富なのはうれしいね。


ジンジャーソースを麺に絡めると酸味が増す感じでしょうか。スープが好みの味だったし、具材も豊富なので、あえて味替えアイテムを使う必要はなかったかな。麺の量は340gということでしたが、これなら大盛りでもよかったかな、という印象です。次回は大盛りにしてトマトカレーソースを試してみたいと思います。

2011年4月25日月曜日

麺屋 翔@新宿「塩麺」

新宿の「麺屋 翔」に行ってきました。4月25日~27日は『4周年感謝祭』と称して「塩麺」を500円(通常価格は700円)で提供中です。



注文したのはもちろん「塩麺」。3日間限定の「炊き込み御飯」(150円)も用意されていたので合わせて注文しました。なお、『4周年感謝祭』の間は「つけそば」は提供していません。


スープからは魚介の風味も感じ、あっさりながらも物足りなさは感じません。具材は、低温調理されたチャーシュー、鶏団子、ほうれん草など、ずいぶん豪華ですね。小皿で提供される香味油をスープに投入すると、ホタテや海老の香りが加わり味の変化が楽しめました。


炊き込み御飯は、、、ご飯がべちゃついてたw 豪華なラーメンを500円で提供してもらったし、このくらいは多めに見てあげよう。

公式サイト: 知る人ぞ知る、西新宿の奥の奥にある名店 麺屋 翔

2011年4月24日日曜日

CHABUYA Zutto Branch(ちゃぶ屋ズットブランチ)@四谷三丁目「特スピルリナ麺のあぶらそば塩味」

四谷三丁目の「CHABUYA Zutto Branch(ちゃぶ屋ズットブランチ)」に行ってきました。とてもラーメン屋には見えないおしゃれな外観です。(肝心の写真撮り忘れた。。)


注文したのは「特スピルリナ麺のあぶらそば塩味」。オープン当初にはなかった新メニューですね。スピルリナというのは緑色の藻で、βカロチンや鉄分などを豊富に含むスーパー野菜(野菜なのか?)だそう。


麺はあったかい状態で提供されます。麺の底にスープはまったくありません。スピルリナを練り込んだ緑色の麺は、独特の風味と粘り気を感じますね。

具材はプチトマト、ニンニクの芽、長ネギ、糸唐辛子。タレはオリーブオイルと白胡麻油かしら。このままだと味が単調に感じてくるので、途中から卓上の醤油ダレやラー油を加えて味に変化をつけました。

スープはないし具材も野菜のみなので満腹度は低いですが、 なかなか面白いメニューだと思います。ただ、これがジャンルとしてラーメンに含まれるかは微妙ですが。

公式サイト: http://www.chabuya.com/zutto/top_zutto.html

らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店@京橋「みそらーめん屋のしょうゆらーめん」

「らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店」に行ってきました。日曜日の正午でしたが、4名ほどの待ちができていました。


注文したのは、4月の日・祝限定メニュー「みそらーめん屋のしょうゆらーめん」。細麺のためすぐに提供されます。仕上げで油をかける際、バチバチと音を立てていましたよ。


カエシにはチャーシューのたれをベースに香味野菜や魚介、ど・みそのみそダレを使用し、スープは鶏をベースにした白湯スープだそう。

ずいぶんとあっさりした味わいですね。限定メニューにインパクトを求めていくと、物足りなさを感じるんじゃないかしら。

2011年4月23日土曜日

麺屋 ふぅふぅ亭@神楽坂「ふぅふぅ亭タンメン」

神楽坂の「麺屋 ふぅふぅ亭」に行ってきました。土曜日の19時でしたが、悪天候ということもあってお客さんは自分も含めて二人でした。


注文したのは春期間限定の「ふぅふぅ亭タンメン」。


塩ベースのスープはあっさりしているものの胡椒が効いていますね。具材は玉ねぎ、人参、キャベツ、もやし、キクラゲ、ニラ、竹の子、豚バラ肉など。


かなり熱々で提供されるため、まさにふぅふぅしながら頂きました。

公式サイト: http://www.feu-feu-tei.com/

ラーメン大至@御茶ノ水「チーズフォンデュつけ麺」

御茶ノ水の「ラーメン大至」に行ってきました。3月上旬より「春限定つけ麺乱打」と称して5種類のつけ麺をそれぞれ期間限定で提供していましたが、現在はそのうち「トマトバジルつけ麺」と「チーズフォンデュつけ麺」を再度提供中です。


今回は唯一食べ逃した「チーズフォンデュつけ麺」を注文しました。


チーズの香り豊かなスープは、さらりとした舌ざわり。細麺との相性を考えてチーズをスープで伸ばしたそうです。そのまま飲むと濃すぎますが、麺と絡めるとちょうどいい味になりますね。


具材に肉系がなかったので、ちょっと物足りなさを感じますが、完成度の高い一杯でした。隣駅にある草庵@水道橋の「チーズフォンデュつけ麺」と食べ比べてみるのも面白いかも。

2011年4月22日金曜日

麺のひな詩@東武百貨店 池袋店(初夏の大北海道展)「えびどろ」

東武百貨店 池袋店 10階催事場で開催中の『初夏の大北海道展』に行ってきました。前半週(4月21日~27日)には「麺のひな詩」が、後半週(4月28日~5月5日)には「らーめん初代」がイートインで出店します。


注文したのは「えびどろ」(各日限定200杯)。札幌の本店でも、このメニューは土曜日しか提供していないんですね。あと、サイドメニューの「カニと鮭の押し寿し」も注文しました。


スープのドロさ加減は「天下一品」のこってり以上。レンゲがまったく沈みません。海老の風味を強く感じますが、スープからというより、トッピングの桜エビによるものかもしれません。


太麺にスープがしっかり絡みつくので、レンゲを使わなくても、麺を食べ終わったときにはスープはまったく残りませんでした。なかなか強烈な一杯ですが、飽きやすい味かもね。


「カニと鮭の押し寿し」ですが、酢飯(寿司飯?)とラーメン自体あまり相性がよくないですね。あえて注文する必要はなかったかも。一杯で満足できそうにない人は、押し寿しを頼むよりも「こっさり白湯しお」を頼んだほうがいいと思います。

2011年4月21日木曜日

麺屋 一燈@西武池袋本店(全国味の逸品会)「特製(塩)芳醇香味そば」

西武池袋本店 7階催事場で開催中の『全国味の逸品会』に行ってきました。前半週(4月21日~28日)は新小岩の「麺屋 一燈」、後半週(4月29日~5月5日)は東十条の「麺処 ほん田」がイートインで出店しています。


「麺屋 一燈」が今回のイベントで提供しているのは、淡麗系の芳醇香味そば。塩味と醤油味が用意されています。


注文したのは「特製(塩)芳醇香味そば」。「特製」というだけあって具材が豪華ですね。小皿に入っているのは「香味ジャンダレ」です。


鶏白湯ベースのスープは上品だけど、ちょっと印象が薄い気がします。かなり後半に投入した香味ジャンダレは、ニンニク、唐辛子の風味が加わるので、もっと早めに投入すればよかったかも。

麺はカネジン食品の細麺。上品なスープとの相性はいいですね。チャーシューは鶏と豚の2種類。歯ごたえも独特で、噛むほどに味が染み出てきます。

スープの味がぼやけていたのはイベント初日ゆえのブレかな。なんだかんだいいながら最後の一滴まで飲み干しました。

2011年4月20日水曜日

お茶の水大勝軒@神保町「特製もりそば」

神保町の「お茶の水大勝軒」に行ってきました。15:30ということもあって、店内には自分も含めて3名だったかな。


注文したのは「特製もりそば」。「特製」ってついているから、てっきり具だくさんなメニューかと思ったけど、どうもいちばん基本のメニューだったようです。


スープは酸味と甘みが強いタイプです。しゃばしゃばで麺との絡みはいまいちなので、スープは丼を持って口に運ぶことになりますが、レンゲが置いてないんだよね。レンゲで飲むと違う口当たりになってしまうそうで。。

麺はつるつるもちもちして、するすると口に吸い込まれます。ただ、丼の底にかなり水がたまっており、麺をスープにつけるたびにスープが薄まっちゃうんだよね。これも、麺をくっつかせないための工夫だそうで。。

いろいろとこだわりがあるようですが、かつての東池袋大勝軒に思い入れがない私にとっては、???な一杯でした。

2011年4月18日月曜日

飯田橋大勝軒@飯田橋「豚めん」

「飯田橋大勝軒」に行ってきました。16時半ごろという中途半端な時間でしたが、続々とお客さんが入ってきます。


注文したのは14時以降限定の「豚めん」。「中華そば」と「限定」の2枚の食券を買って注文する仕組みです。食券を渡す際、「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、「はい、お願いします」と答えました。


「中華そば(小)」として注文したにもかかわらず、かなりのボリュームですよ。濃いめの豚骨醤油スープに、中太の平打麺の組み合わせ。スープには背脂(?)のでっかい塊がごろごろ浮いています。チャーシューは、これまたでっかいのが二切れ。しっかりとタレが染みこんでいて美味しいですね。

二郎ブームの今、こういうガッツリ系が人気なのは分かりますが、大勝軒の看板を掲げている店で、お客さんのほとんどがこれを注文しているのは、ちょっと複雑な心境でした。

麺家いろは@新!東京つけ麺BATTLE(バトル)「ブラックつけ麺」

新宿住友ビル49階の特設会場で開催中の「新!東京つけ麺BATTLE(バトル)」に行ってきました。先日は「めん徳二代目つじ田」の限定メニューをいただいたので、今日は「麺家いろは」が目当てです。


「麺家いろは」といえば、駒沢公園で行われた「東京ラーメンショー」で2年連続売上数1位になるほどの実力店。期待が高まりますw


注文したのは「ブラックつけ麺」、850円。ハーフサイズはありません。


スープがトレイにこぼれて箸もレンゲも汚れているのはさておいて、"富山ブラック"と呼ばれる黒醤油スープが印象的ですね。スープには角切りの小さな餅が入っています。レンコン入りの全粒粉麺は、スープとの絡みはいまいちかな。

食後、レンゲを「麺家いろは」「めん徳二代目つじ田」「該当なし」のいずれかに投票するシステムですが、今回は「該当なし」に入れざるを得ませんでした。(そういえば、公式サイトもないのに投票結果をどうやって発表するんでしょうか?)

2011年4月17日日曜日

ラーメンゼロ@目黒「トマトとベーコン モミの木」

目黒の「ラーメンゼロ」に行ってきました。この場所での営業は4月17日で終了し、4月27日からは表参道ヒルズに移転オープンとのこと。


注文したのは、目黒で最後の月替限定メニューとなる「トマトとベーコン モミの木」。当然、調味料は使っていません。


イタリアントマト、生姜、玉ネギ、ニンニクなどの野菜ペーストとゼロのスープを合わせたトマトラーメンです。濃厚な味わいで調味料を使っていないとは思えない出来ですね。品達の「せたが屋」で提供している(していた?)「雲のらーめん」のヘルシーバージョンっぽい感じかな。


〆にはリゾットライスが用意されています。カレー風味のリゾットとして完食しました。あれだけ濃厚なスープなのに、後味はさっぱり。美味しかった~。

2011年4月16日土曜日

中華蕎麦 玄瑞@秋葉原「チーズカレーつけ麺(並盛)」

秋葉原の「中華蕎麦 玄瑞」に行ってきました。


注文したのは「チーズカレーつけ麺(並盛)」。


炙られたとろけるチーズ。スープからはかなりニンニクの風味がしますね。全体的にそこそこ。まぁ、接客的に二度目はないです。

ラーメン大至@御茶ノ水「カレー南蛮つけ麺」

御茶ノ水の「ラーメン大至」に行ってきました。奇をてらわないはずの大至が、奇をてらいまくりの限定つけ麺を絶賛提供中です。


注文したのは「カレー南蛮つけ麺」。このメニューは確か去年も提供してましたよね。


店内の案内にはこんなことが書いてあります。
再開希望最多メニュー お客さまはもちろん、従業員からも「カレーが食べたい」
フォンドボー等の欧風食材 醤油・鰹節などの和風食材
そこへ大至のスープ 重層的な旨みのカレースープ
合わさる「傾奇者」の細麺 ちょっとヤバイです


スープはさらりとしたタイプですが、麺に多少縮れがあるせいか絡みは悪くないですね。ラーメン店で提供されるカレー味のスープとしてはかなり美味しい部類に入ります。具材は豚肉、タマネギ、ニンジン。〆は、残ったスープにミニライスを投入して完食しました。