2011年8月31日水曜日

千里眼@東北沢「冷やし中華」

東大駒場キャンパスの裏側にある「千里眼」に行ってきました。2009年11月にオープンした二郎インスパイア系のお店です。


注文したのは、「冷やし中華」!
もともと麺の量が多い店なので(ラーメンだと普通盛りで300g!)、麺少なめにしてもらいます。


提供直前に「6番(←座席番号ね)のお客さま、ニンニクいれますか?」と聞かれますので、「ニンニク、辛揚げ(カラアゲ)」と回答(^_^)b


麺少なめで、ヤサイマシしてないのにこのボリューム!(@_@)
でも、彩りがあるだけでずいぶん食欲がそそられるものですね。あと、提供直前まで丼を冷蔵庫で冷やしているのも気が利いてますね。


大根、ニンジン、キュウリ、水菜、紫キャベツの千切り野菜や、鶏チャーシュー、プチトマトがトッピング。そこに無料トッピングのニンニク、辛揚げが添えられます。


野菜にはドレッシングがかけられているのでサラダ感覚ですね。野菜の山をかき分けると、中から極太麺が登場~(^o^)
麺には濃厚なタレが絡めてあり、ガツガツといただけます。(…濃厚すぎて、深夜まで喉の渇きがおさまりませんでしたけど。。)


ニンニク、辛揚げも味に変化を与え、最後まで飽きることなくいただけました。
「冷やし中華」というよりも、冷やし系の「まぜそば」「和え麺」って感じですね。具材、麺を食べ終わったあと、丼に残ってるタレはこの程度です。


来年の夏は、二郎インスパイア系のお店がこぞって参考にするんじゃないかしら(^^;)

2011年8月30日火曜日

麺処おかじ@神保町「納涼冷やしらーめん」

神保町の「麺処おかじ」に行ってきました。


注文したのは夏季限定の「納涼冷やしらーめん」!
この他、「冷やし塩つけ麺」という限定メニューも提供していました。


スープはそばつゆのような感じかな。さっぱりとしていいですね~(^_^)b
ナスや鶏チャーシューなどの具材もたっぷりです。


珍しいのが寒天ゼリーのトッピング。
白いほうは酢橘(すだち)、赤紫のほうが梅です。


麺は中太の縮れ麺。若干固かったかな。もうちょっとコシがあるともっとよかったと思います。


お好みで入れてください、と出された薬味。このスープには、ショウガと天かすが合いますね(^_^)v


派手なところはないけど、なかなか美味しい一杯でした(^o^)
「冷やし塩つけ麺」も食べとかないとな~。

2011年8月29日月曜日

つけ麺 五ノ神製作所@新宿「背脂肉煮干しつけ麺」

新宿の「つけ麺 五ノ神製作所」に行ってきました。


お目当ては、毎月恒例となった肉の日(29日)限定メニュー!
今月は「背脂肉煮干しつけ麺」です!!


つけ汁の表面は背脂でびっしり。苦味を感じる煮干しの風味と、濃いめの醤油ダレの味わいが絶妙~(^o^)


トッピングのチャーシューは「フランスのBBCブランドの豚で、陸上動物では初めてDHCを含んでる豚をたっぷり使用。(中略)いつ樹の5年間分の継ぎ足した旨味の詰まった醤油ダレで煮込んだバラチャーシュー、たっぷり香味野菜の塩ダレで煮込んだバラチャーシュー、そしてじっくり焼き上げた肩ロース肉」とのこと(^_^)b


麺はいつもの全粒粉入り極太麺。通常は270gですが、少なめの180gにしてもらいました。かわりに味玉をトッピング(^_^)v


最後はスープ割り。ネギを添えてくれるんですね。


素材のよさを活かしたチャーシューに大満足~(^_^)b
これだけあると、麺少なめにしてもお腹いっぱいになりますね。来月の肉の日も楽しみだー。

2011年8月28日日曜日

極辛BLACK つけ麺七代目けいすけ@秋葉原「スペシャルつけ麺(並盛)」

秋葉原の「極辛BLACK つけ麺七代目けいすけ」に行ってきました。
2011年8月26日にオープンしたばかりのお店です。


メニューは味噌ベースのスープに、真っ黒な極辛ラー油(?)を加えたつけ麺のみ。
今後ラーメンも提供されるようですが、現在は券売機に「Coming Soon」のシールが貼られています。

今日は、店員さんがオススメしてきた「スペシャルつけ麺」を並盛で注文!
白身魚の竜田揚げ、とり天、豚角煮がトッピングされたお得メニューです。
食券を渡す際に、辛さのレベルを1辛~5辛のうちどれにするか聞かれますので、1辛(初めての方向け)を選択。(辛さなしにもしてくれるようです。)

席に着くと、まずはライスが提供。
卓上のゆで卵も2個までは食べてもOKなので、1個だけいただいておきます(^_^)b


『極辛BLACKつけ麺 食べ方マンガ』を読んで、食べ方を予習~。


待つこと数分、「スペシャルつけ麺」の登場!


麺は中太ストレート麺。並盛なので200gです。


辛さのレベルは、黒いラー油の量で調整しているようですね。山椒による辛さ(痺れ)がダイレクトに喉を直撃するので、1辛といえども油断はできません。レンゲでスープを少し飲んで、喉を慣らしてから麺を食べたほうがいいかも。


白身魚の竜田揚げ、とり天、豚角煮など具材も豊富で最後まで飽きませんね(^_^)v
卓上のカリカリ薬味(ニンニクチップ)や黒酢なども試しているうちに、あっという間に完食~。

つけ汁の器の底には、焼き石(焼き鉄?)がはめ込まれており、スープが冷めない工夫がされていました(@_@)


残ったスープと具材をライスにかけて〆に。
ジャスミン茶割りもできるようですが、今回はスープが残らなかったので断念。


お腹いっぱい食べたい人にはたまらないお店ですね。
最近秋葉原にできたラーメン店では、いちばん秋葉原らしいかも。「まさにアキバのネ申つけ麺!!!」と自ら言っちゃうのもうなずけます(^o^)

2011年8月27日土曜日

馳走麺 狸穴(まみあな)@池袋「トマトカレーつけ麺」

池袋の「馳走麺 狸穴(まみあな)」に行ってきました。


注文したのは「トマトカレーつけ麺」。
券売機で880円分の食券を購入して、店員に渡す際にメニュー名を伝えます。


待ち時間は長め(-_-;)


トマトの酸味が効いたカレー風味のスープ。カレー系のつけダレとしてはありがちな内容で、この店の個性のようなものは感じられないですね。
ちょっと後半飽きがくるかな。


極太の麺は、濃厚なスープとの相性もバッチリ。


途中で粉チーズをスープに投入。


ちょっと期待値が高すぎたかも(^_^;)
限定メニューとしては目新しさもなく、どこかで何度か食べた味に感じられました。

2011年8月25日木曜日

らーめん天神下 大喜@湯島「冷しとりそば」

湯島の「らーめん天神下 大喜」に行ってきました。
行列ができることも多いお店ですが、18時10分頃だとすんなり入れました(^_^)b


注文したのは夏季限定の「冷しとりそば」。昼・夜各20食の限定メニューです。


待つこと数分。透明なガラスの器に入って登場~。


お昼の「肉玉ジンジャー」が肉中心だったんで、「冷しとりそば」の野菜たっぷり具合はうれしいね。ナス、カボチャ、オクラ、ナメコ、キュウリなどがトッピングされています。


麺は手揉みされた中太ピロピロ麺。ひんやり冷えた鶏スープにはトロミがついているので、麺とスープの絡み具合は抜群です。

具材は野菜だけかな~、と思っていたらスープの中から鶏チャーシューが3切れほどでてきました(^o^)


後味もさっぱりとして、暑い夜にはもってこいの一杯ですよ。

肉玉そば おとど 北松戸本店@北松戸(千葉県)「肉玉ジンジャー」

北松戸(千葉県)の「肉玉そば おとど 北松戸本店」に行ってきました。常磐線の北松戸駅東口を出てすぐの場所にあります。

信濃神麺 烈士洵名」や「本枯れ中華そば 魚雷」 を手がける塚田氏のプロデュース店です。


基本メニューは「肉玉そば」。この他に、オープン1周年記念として「肉玉ジンジャー」なる限定メニューも用意されています。

「肉玉そば」がニンニク入りなのに対して、「肉玉ジンジャー」はショウガ入り。今日は食後に人と会う予定だったので、「肉玉ジンジャー」を注文しました(^_^)v


店頭に「日本一ごはんが進むラーメン」「無料ライス食べますか?」と掲げているように、ライス無料がお店の売りになっています。せっかくなんで、茶碗半分くらいの量をお願いしました。


見た目は徳島ラーメンをほうふつさせますね。
濃厚でしょっぱい豚骨醤油スープに、豚バラの焼肉、卵黄、ネギ、メンマ、ショウガが乗ります。


太めの麺も食べ応えたっぷり。


無料ライスは、つゆだく牛丼風にしていただきました(^_^)b


濃い味付けに、たっぷりの具材。無料ライスは何杯でもおかわり自由とあれば、人気店になりますよね~。接客もしっかりしているし(^o^)

お腹いっぱい、満ち足りた気持ちで店を後にしました。

2011年8月22日月曜日

紅蓮@早稲田「燻し鶏の雫」

早稲田の「紅蓮」に行ってきました。


お目当ては、8月22~23日各10食限定の「燻し鶏の雫」!
煙@福生で8月20~21日に提供していたメニューですが、その際、こちら紅蓮のためにも仕込んだんだそう。

17時30分からの提供ということで、ほぼぴったりの時間に入店。
いつもこの時間はお客さんが少ないのに、今日はわたしが着席してすぐにほぼ満席に(@_@)

さっそく「燻し鶏の雫」の登場~(^_^)v
白濁したスープに、燻製鶏チャーシュー、ほぐし鶏肉、キャベツをトッピング。燻製のいい香りがたまらんですね~。


麺は中太ストレート。濃厚な鶏白湯スープを思いっきり持ち上げてくれます(^_^)b


今日はトッピングで「燻製玉子」(120円)が用意されていたので、合わせて注文!


割ってみると、ちょうどいい半熟加減。いつも最高ですね~。


濃厚でクリーミーな鶏白湯に、燻製の味と香りが加わった最高の一杯。女房を質に入れてでも食べておきたいですね(^_^)v

西新 海豚や(いるかや)@伊勢丹 新宿店(夏の大九州展)「豚骨醤油らーめん」

伊勢丹 新宿店で開催中の「夏の大九州展」(2011年8月17日~22日)に行ってきました。


お目当ては、イートインに出店している「西新 海豚や(いるかや)」。福岡県早良区西新に2009年5月にオープンしたお店で、物産展への出展は初めてとのこと。
今回は、別府冷麺で有名な「天心軒」と同じコーナーで出店しています。


注文したのは「豚骨醤油らーめん」。
チラシによると、「家系ラーメンの要素を加えることで豚骨特有のにおいを抑え、女性でも食べやすい味に」してあるそう。


待つこと数分、 「豚骨醤油らーめん」の登場~(^_^)v
黄濁したスープに、ウズラの玉子、ホウレン草、チャーシュー、海苔、ネギがトッピング。


表面には、びっしりと油の膜が(@_@) これが地鶏油なのかな?
スープは濃厚で醤油ダレもしっかり効いており、なかなかイケますね~。


中太のストレート麺。ダマになっている箇所がかなりあったのが残念(;_;)


博多ラーメンにひとひねり加え、家系的な要素を加えた一杯。なかなか美味しくいただけました。