2011年8月28日日曜日

極辛BLACK つけ麺七代目けいすけ@秋葉原「スペシャルつけ麺(並盛)」

秋葉原の「極辛BLACK つけ麺七代目けいすけ」に行ってきました。
2011年8月26日にオープンしたばかりのお店です。


メニューは味噌ベースのスープに、真っ黒な極辛ラー油(?)を加えたつけ麺のみ。
今後ラーメンも提供されるようですが、現在は券売機に「Coming Soon」のシールが貼られています。

今日は、店員さんがオススメしてきた「スペシャルつけ麺」を並盛で注文!
白身魚の竜田揚げ、とり天、豚角煮がトッピングされたお得メニューです。
食券を渡す際に、辛さのレベルを1辛~5辛のうちどれにするか聞かれますので、1辛(初めての方向け)を選択。(辛さなしにもしてくれるようです。)

席に着くと、まずはライスが提供。
卓上のゆで卵も2個までは食べてもOKなので、1個だけいただいておきます(^_^)b


『極辛BLACKつけ麺 食べ方マンガ』を読んで、食べ方を予習~。


待つこと数分、「スペシャルつけ麺」の登場!


麺は中太ストレート麺。並盛なので200gです。


辛さのレベルは、黒いラー油の量で調整しているようですね。山椒による辛さ(痺れ)がダイレクトに喉を直撃するので、1辛といえども油断はできません。レンゲでスープを少し飲んで、喉を慣らしてから麺を食べたほうがいいかも。


白身魚の竜田揚げ、とり天、豚角煮など具材も豊富で最後まで飽きませんね(^_^)v
卓上のカリカリ薬味(ニンニクチップ)や黒酢なども試しているうちに、あっという間に完食~。

つけ汁の器の底には、焼き石(焼き鉄?)がはめ込まれており、スープが冷めない工夫がされていました(@_@)


残ったスープと具材をライスにかけて〆に。
ジャスミン茶割りもできるようですが、今回はスープが残らなかったので断念。


お腹いっぱい食べたい人にはたまらないお店ですね。
最近秋葉原にできたラーメン店では、いちばん秋葉原らしいかも。「まさにアキバのネ申つけ麺!!!」と自ら言っちゃうのもうなずけます(^o^)

0 件のコメント:

コメントを投稿