2011年8月20日土曜日

天想伝 楽 GAKU@秋葉原「つけ麺(普通盛)」

秋葉原の「天想伝 楽 GAKU」に行ってきました。
2011年8月13日に「つけめん専門店 一歩」の跡地にオープンした新店です。天想伝という店名には、天神屋の想いを伝える、という意味が込められているようですね。


メニューは「らーめん」「つけ麺」「油そば」の三本柱。今回は、券売機の1段目に配置されていた「つけ麺」を注文。
普通盛(200g)、中盛(300g)が同料金ですが、無理をせず普通盛を選択しました。


待つこと数分。つけ汁と麺の登場です。麺の量が200gにしては多いですね。中盛と間違えられた可能性が高いです(^_^;)


つけ汁は、適度な甘さと酸味の豚骨魚介系。魚介は控えめで、豚骨の風味が強めですね。中の具材はメンマ、細切れチャーシューなど。


麺はつるつるシコシコの中太麺。若干スープとの絡みが弱いのかな。レンゲでスープをすすりながらじゃないと物足りない感じ。


十分美味しいとは思いますが、豚骨魚介系のつけ麺としては目新しい点もなく、後半ちょっと飽きが。。
そこで、食べてる途中ではありましたが券売機まで走って(?)、「ピリ辛」トッピング(+50円)を追加!


…このピリ辛、固まりすぎちゃってスープになかなか溶けてくれない(;_;)
なんとか溶かしきり、スープをピリ辛風味に味変。

最後は、卓上のポットでスープ割りして〆ました。

良くも悪くも無難にまとめられた一杯。秋葉原エリアのラーメン店は良店が増えているので、再訪問するほどの魅力は薄いな~、というのが正直な感想です。

0 件のコメント:

コメントを投稿