2011年10月11日火曜日

五福星(うーふーしん)@大つけ麺博「桜エビの低温焙煎全粒粉つけ麺」

浜松町で開催中の「大つけ麺博」。


本日第二食目に選んだのは、「五福星(うーふーしん)」!
被災地・宮城からの出店です。


15時頃で5~10名程度の行列。麺の茹で時間が長いのか、行列の進みは思ったよりも遅めに感じますね。


トッピングは、大勝軒山岸一雄納得の「水ワンタン」(+300円)、手焼き笹かまぼこ「がんばっぺ女川!」(+300円)、鉄人道場六三郎絶賛の「熟玉」(+200円)の3点。
3点セットで+500円くらいだとありがたいんだけどね(^_^;)


NO RAMEN NO LIFE!


提供メニューは「桜エビの低温焙煎全粒粉つけ麺」!
笹かまぼこ(+300円)と熟玉(+200円)のトッピングで、すごいビジュアルに!(^o^)


作り続けて約20年という豚骨と和だしのWスープは、低温焙煎した桜エビの風味をダイレクトに感じます。桜エビの他にも、ネギ、セロリの葉、韓国唐辛子なども入っており、インパクトあるスープに仕上がっていますね。


麺はそばのような色合いですが、食用の庄内産シルクをつなぎに使っているんだそう。
きざみ海苔、粉チーズ、チリソースなどで味にアクセントを付けています。


ブロック焼豚は標準の具材。香ばしい味付けで、けっこうゴロゴロ入っていますよ(^_^)v
笹かまぼこは昔ながらの本物志向のためか、かなりの噛み応え。アゴが疲れるね(^_^;) 醤油をすこし垂らしたかったな~。


ガーリックトーストが添えられた熟玉は、味玉としては出色のできばえ\(◎o◎)/!
このトッピングは必ず付けるべきですね。


スープ自体は豚骨と和だしであっさり系なんですが、大量の桜エビやその他具材のおかげで、なんとも面白い一杯に仕上がっていますね。もう一度、熟玉食べたい~!(^^)!

0 件のコメント:

コメントを投稿