2011年10月13日木曜日

落合務×CHABUYA@大つけ麺博「インクとチャコールの黒いつけ麺バジル風味 落合・森住風」

浜松町で開催中の「大つけ麺博」。
そろそろお客さんもこのイベントに飽きてきたのか、どの店も行列は短め。時間のせいかもしれませんが(^_^;)


本日の第二食目に選んだのは、「落合務×CHABUYA」!
“元祖・予約の取れない店「ラ・ベットラ」の落合務と、「香港MIST」がミシュランで1つ星獲得というラーメン業界初の快挙を成し遂げたばかりの「ちゃぶ屋」の森住康二がまさかのコラボ”だそうです(^_^)b


トッピングは、「イカスミフォアグラコロッケ」(+500円)、グリルチキン(+300円)、味付玉子(+100円)の三つ。全部入りだと+700円になります。
注文したいのはやまやまですが、ちょっとお高いので今回はトッピングなしで(^_^;)


提供メニューは「インクとチャコールの黒いつけ麺バジル風味 落合・森住風」!
竹炭を練り込んだ黒い麺と、 キノコ類が浮かぶ白いスープのコントラストが美しい一杯です(^o^)


始めは白かったスープ、実はイカスミソースが底に沈んでいました。かき混ぜると真っ黒に!(@_@)
鶏と豚をベースに、イカスミソースや干し椎茸、干し貝柱を加えたスープです。


竹炭を練り込んだ中太の平打麺。味には変わったところはないですね~。
麺の上にはネギとバジルが添えられています。バジルは強烈な味がするので、少しずつちぎっていただくのがいいかも。


見た目のインパクトとは裏腹に、味のインパクトは控えめ。
別売りのトッピングを付けずに、麺とスープだけでいただくにはちょっと物足りないかな。
スープの中には角切りの小さなキノコが3つほど入っているだけだしね(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿